正調最上川舟唄全国大会 

せいちょうもがみがわふなうたぜんこくたいかい

歌い継がれる最上川舟唄

世界三大舟唄のひとつと称賛される最上川舟唄は、大江町の民謡家故後藤岩太郎氏と郷土研究家故渡辺国俊氏によって10有余年の歳月を費やしてつくられ、今では山形県の民謡であるばかりでなく日本を代表する民謡のひとつとなっています。

この最上川舟唄を正しく継承し普及を図るため正調最上川舟唄全国大会を毎年開催しており、全国各地から集まった舟唄の達人たちが自慢ののどを競い合います。

また、最上川舟唄をモチーフにしたさまざまなアトラクションを盛り込んだ見応えのある民謡大会となっておりますので、ぜひご来場ください。


☆アトラクション・ゲスト出演☆ 

◎大江男声合唱団・・・最上川舟唄の男声合唱

◎大江中学校・・・混声四部合唱

◎大江町祭事振興会Mover・・・舟唄ピップホップダンス

◎宮城県亘理町 えんころ節の披露



【出場資格】 

 一般の部:高校生以上(但し、歴代一般の部優勝者は除く)

 シニアの部:大会当日、満70歳以上

         (但し、歴代一般の部・シニアの部優勝者は除く)

 ジュニアの部:中学生まで


【表  彰】

・一般の部  優  勝    賞金10万円 優勝旗 賞状 副賞

                  県知事賞 日本民謡協会長賞

         準優勝    賞金5万円 楯    賞状 副賞

         第3位     賞金3万円 楯    賞状 副賞

         第4~10位         楯  賞状   副賞


・シニアの部  優  勝   賞金3万円  賞状 トロフィー 副賞

          準優勝~3位 賞状 トロフィー 副賞

          第4・5位    賞状 楯     副賞


・ジュニアの部 優 秀 賞 賞状 副賞

          奨 励 賞 賞状 副賞


【審査基準】

 正調最上川舟唄、すなわち後藤翁の唄い方を原形とし、その一節一節の意とするところの理解と表現の技量を競うものとします。最上川舟唄保存会で販売しているCD(大会事務局で販売しております。大会事務局にお問い合わせください。)及び楽譜を参考にしてください。


①掛け声は人以内、伴奏は尺八のみとし、2人以内とします。

②原形より著しく逸脱したもの、アレンジ風のものは減点の対象とします。

③歌詞の間違いや唄わなかった場合は減点の対象とします。

④各部門の協議内容は以下のとおりです。

 一般の部予選:1番のみ(予選から10名選出)

 一般の部決勝:1・2番もしくは1・3番(1~10位の順位をつけます)

 シニアの部  :1番のみ(1~5位の順位をつけます)

 ジュニアの部 :1番のみ(うまいと感じた審査委員が半数を超えた場合優秀賞、そうでない場合奨励賞)

 ※掛け声と本唄どちらも唄うものとします。


【審査体制】

 審査委員長:㈶日本民謡協会より・・・1名

 審査員:最上川舟唄保存会副会長

 審査員:最上川舟唄保存会専門員・・・1名

 町民審査員:各区・・・1名

基本情報

住所
山形県大江町町民ふれあい会館
営業時間
午前8時50分 開会
アクセス
左沢駅より徒歩10分
駐車場
町民ふれあい会館、約100台程
ウェブサイト
正調最上川舟唄全国大会
備考
【主催】
大江町、大江町観光物産協会、最上川舟唄保存会
【協催】
大江町議会、大江町教育委員会、大江町商工会、さがえ西村山農業協同組合、大江町区長会、大江町芸術文化団体協議会、大江町老人クラブ連合会
【後援】
(公財)日本民謡協会、山形県、山形県民謡振興会、(公社)山形県観光物産協会、NHK山形放送局、山形新聞・山形放送、山形テレビ、テレビユー山形、さくらんぼテレビ、エフエム山形、朝日新聞山形総局、毎日新聞山形支局、読売新聞東京本社山形支局、産経新聞社山形支局、河北新報社、東京おおえ会
開催期間
2022年6月26日(日)開催中止
問い合わせ先
正調最上川舟唄全国大会事務局
電話番号
0237-62-2139
FAX番号
0237-62-4736

周辺にあるスポット

原町通り
more
大江町交流ステーション
more
小漆川城跡
more
最上川河畔(桜)
more
最上川舟運・最上川舟唄
more
楯山公園(日本一公園/左沢楯山城史跡公園)
more
国指定史跡 左沢楯山城跡
more
巨海院山門
more
道の駅「おおえ」
more
テルメ柏陵健康温泉舘
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

最上川舟唄全国大会
more
空色・暮色ウォーキング
more
山形花笠まつり 
more
ページトップへ