永仁二年磨崖板碑

永仁二年磨崖板碑 えいにんにねんまがいいたび
赤湯の東正寺の東、切り立った崖に五基の板碑が横ならびに彫られている。
永仁二年(1294年)は鎌倉時代で、置賜地方が地頭長井氏の支配下にあったころです。
この板碑は、亡き平吉宗と父母の供養のため、また自らのため生前に仏事を修め、極楽往生を願ったものです。
県の有形文化財に指定されています。
Information
  • 名称 永仁二年磨崖板碑
  • 所在地 南陽市赤湯1621-3
  • 電話番号 0238-40-3211
  • FAX番号 0238-40-3422
  • お問合せ先 南陽市商工観光ブランド課
  • URL http://www.city.nanyo.yamagata.jp/012/rekisi/bunkazai/bunka00105.htm
  • 備考 石碑の所在地:東正寺
    指定年月日:昭30.8.1
    (昭28.8.31)
    員数:5基
Spot List
Access Map
【最終更新日】 2014年04月22日
観光スポットの検索
山形県の天気予報

合計152,678,305件 今日64,944件 昨日93,437件