諏訪神社

諏訪神社 すわじんじゃ
祭神建御名方神、例祭は8月27日。
当日は、古式による「みこし渡御」豊年おどりが行なわれる。
また翌28日には花笠おどり発祥地まつりの大パレードがくりひろげられる。

諏訪神社概要: 諏訪神社の創建は源義経の家臣だった鈴木重家の子孫が諏訪大明神を勧請したのが始まりとされ、古来から尾花沢の鎮守でした。江戸時代に入ると尾花沢代官が崇敬し、周囲の人々へ参詣を推励するなど庇護した為、おおいに賑わったそうです。寛政3年(1791)に現在地に移ってきて、拝殿は当時に造営された古建築とされます。例祭で奉納される「尾花沢雅楽」と「祭囃子」は尾花沢市指定無形文化財に指定されています。

■尾花沢まつり囃子
花笠まつりの初日(毎年8月27日)は諏訪神社祭。その祭り囃子は優雅な宮廷の流れをくむ「おげんけい・やえん・すころ」の組曲。市の無形文化財。尾花沢の鎮守諏訪神社の還宮式を祝う催物のひとつとして奉納されたといわれています。







Information
  • 名称 諏訪神社
  • 所在地 尾花沢市梺町3-1-6
  • 電話番号 0237-22-1111
  • FAX番号 0237-22-3222
  • アクセス 尾花沢バスターミナルより徒歩10分
  • 駐車場
  • お問合せ先 尾花沢市商工観光課
Spot List
Access Map
【最終更新日】 2013年03月07日
観光スポットの検索
山形県の天気予報

合計152,678,305件 今日64,944件 昨日93,437件