• HOME
  • トピックス
  • 「俳句てふてふ×山形DC推進協議会 東北の魅力発信!コラボキャンペーン」実施中!

「俳句てふてふ×山形DC推進協議会 東北の魅力発信!コラボキャンペーン」実施中!

山形デスティネーションキャンペーン(DC)推進協議会では、株式会社毎日新聞社が運営するSNSアプリ「俳句てふてふ」とコラボレーションし、”東北の魅力発信”企画をスタートします。


■概要

 企画第1弾では、山形DC推進協議会がSNSアプリ「俳句てふてふ」を使い、7月上旬から11月にかけて、俳聖・松尾芭蕉が『奧の細道』に残した俳句のうち、主に山形県に関係する二十数句を、山寺芭蕉記念館(山形市文化振興事業団)監修の解説、地元観光情報、美しい風景写真とともに投稿していきます。

 企画第2弾では、この機会に山形を訪れてもらおうと、株式会社毎日企画サービスの協力のもと、吟行ツアーを実施します。

 ツアー(1泊2日)は2021年11月28日(日)~29日(月)を予定しており、「俳句てふてふ」利用者らを対象に首都圏中心にツアー客を募集します。現地では芭蕉ゆかりの山寺などを巡り、宿泊ホテルでは地元俳人を講師に迎えて伝統的な句会を開催。講師からのアドバイスや講評などを受けつつ交流の輪を広げます。


 吟行ツアーへの参加お申込みはこちら

 ※ツアーは新型コロナウイルス対策を実施した上で行いますが、感染拡大状況により延期となることがあります。


■SNSアプリ「俳句てふてふ」について

 「俳句てふてふ」は「俳句を身近に」をコンセプトにしたSNSアプリ。歳時記(約2300季語)、ランキング機能、検索機能、4人の著名俳人(池田澄子、小川軽舟、高野ムツオ、坪内稔典の各先生)による選句サービス機能、電子書籍機能などを備えています。

問い合わせ先
山形県観光復活戦略課
電話番号
電話番号 023-630-3362
ページトップへ