観光DB詳細(観光スポット)

  • 百人百色、旅ものがたり。
  • やまがた出羽百観音
  • 庄内三十三観音
  • 置賜三十三観音
  • 最上三十三観音
18番 新山観音(曹洞宗 鶴布山 珍蔵寺) にいやまかんのん
(出羽百観音)
百物語(由来・歴史)
観音堂の創建については、明和7年に多勢吉兵エという者が美しい景観に魅せられてこの地に建立したと伝えられている。

一対の赤仁王を安置した重厚な構えの山門には大きなわらじが掲げられ、足の病に御利益があると信仰を集める。

その昔、上杉家代々の領主がここから領地の検分をしたという珍蔵寺の境内に立つと眼下に置賜盆地が一望できる。
御利益
足腰の病
おすすめポイント
ツルの恩返し伝説の地(珍蔵寺)。

観音堂の山門は大きい藁の草鞋が奉納され足腰の病に御利益があるとされる。
御本尊
聖観世音菩薩
Information
  • 名称 18番 新山観音(曹洞宗 鶴布山 珍蔵寺) (にいやまかんのん)
  • 所在地 〒992-0474 南陽市漆山1747-1
  • 電話番号 0238(47)2264
  • アクセス 山形鉄道フラワー長井線
    おりはた駅より徒歩10分
  • 駐車場 普通車のみ駐車可
  • 備考 御朱印:珍蔵寺
Access Map

18番 新山観音への
マイマップ
現在地からのルート
※札所立地(山中など)の都合上、
 近隣までの誘導の場合がございます。
【最終更新日】 2018年03月13日
観光スポットの検索

合計148,080,552件 今日26,097件 昨日115,875件