観光DB詳細(観光スポット)

広重美術館 ひろしげびじゅつかん
浮世絵師として広く知られる歌川広重の作品が集められた広重美術館
館内には、江戸時代後期に活躍した初代広重から4代までの肉筆画や錦絵が展示されている。
特に『東海道五十三次』で知られる初代歌川(安藤)広重が、財政難にあえぐ天童藩主の依頼によって描いた『天童広重』と呼ばれる双幅は貴重なものだ。


-----------------

江戸時代後期、江戸詰の天童藩士や藩医の田野文仲と交遊のあった歌川広重(1797〜1858)。
当時、天童織田藩は財政が苦しく、藩内外の裕福な商人や農民に献金を募ったり、借金をしていました。
その御礼や返済の代わりとして江戸で有名な浮世絵師、広重に肉筆画を描いてもらいました。
この一連の作品群が「天童広重」と呼ばれています。
当時は200〜300幅くらい描かれたといわれていますが、現在天童市近郊で確認できる数はわずかとなってしまいました。
こうした広重とのご縁にちなんで、生誕200年にあたる平成9年4月、湯のまち天童に広重美術館が誕生しました。

-------------------

●初代 歌川広重(1797〜1858)
 寛政9年(1797) 江戸八代洲河岸定火消屋敷に生まれる。幼名 徳太郎。
 文化8年(1811) この頃浮世絵師を志し、歌川豊広に入門。
 文化9年(1812) 師・豊広から広重の画号を許される。
 天保4年(1833) 「東海道五拾三次」開版。好評を得る。
 安政5年(1858) 9月6日暁に没す。

-------------------

風景画の巨匠として幕末時代に活躍した浮世絵師・歌川広重の作品を展示。
「東海道五十三次」などの錦絵など貴重な美術品が納められています。

≪広重美術館≫
〒994−0025 山形県天童市鎌田本町1-2-1
■電話番号: 023-654-6555
■開館時間: 4月〜10月 9:00〜18:00
         11月〜 3月 9:00〜17:00
             (入館は閉館30分前まで)
■休館日 :火曜日、展示替え期間
       (※詳細は広重美術館までお問い合わせください。)
■利用料金:大人600円、学生500円、小人300円
  障がい者料金 :大人300円、学生250円、小人150円
  ※手帳をご提示ください。
■団体料金:大人500円、学生450円、小人250円(15名以上)
■駐車場 :15台、滝の湯ホテル駐車場(300台収容)
Information
  • 名称 広重美術館
  • 所在地 天童市鎌田本町1-2-1
  • 電話番号 023-654-6555
  • FAX番号 023-654-6554
  • 営業時間 4月〜10月、9:00〜18:00(入館は閉館30分前)
    11月〜3月、9:00〜17:00
  • 定休日 火曜日(祝祭日の場合は翌日休館)
  • 料金 【個人】
    一般:600円
    大学・高校・中学生:500円
    小学生:300円

    【団体(15名以上)】
    一般:500円
    大学・高校・中学生:450円
    小学生:250円

    【障がい者料金】
    大人300円、学生250円、小人150円
    ※手帳をご提示ください。
  • アクセス 天童駅から徒歩15分
  • 駐車場
  • お問合せ先 広重美術館
  • URL http://www.hiroshige-tendo.jp/
Spot List
Access Map
Link
【最終更新日】 2016年11月24日
観光スポットの検索

合計127,781,145件 今日3,757件 昨日88,563件