佐藤政養碑

さとうせいようひ

遊佐町出身の初代鉄道の助佐藤政養を顕彰する碑です

佐藤政養(1821~1877)
小さい頃の名は与之助といい、遊佐町升川に佐藤与兵衛の十人兄弟の長男として生まれました。
33歳の夏、与之助は江戸へ。
アメリカの黒船が横浜にやってきたのもこの頃でした。

幕府が、神奈川に新しい港を造ろうとした時、与之助は自分の学問を生かし色んな調査をした結果、横浜がもっとも適当だという意見を出し、勝海舟らの賛成によって横浜港が造られることになりました。(横浜港の生みの親)

初代鉄道の助として明治5年(1872)10月14日午前10時、日本で初めて東京(新橋)から横浜までの列車を走らせることに成功。
2年後は、大阪から神戸を結ぶ鉄道も開通させました。

基本情報

住所
999-8521 山形県遊佐町吹浦字下川原
アクセス
JR吹浦駅内
日本海東北自動車道 酒田みなとICから車で25分
問い合わせ先
NPO法人遊佐鳥海観光協会
電話番号
0234-72-5666

周辺にあるスポット

松河山 海禅寺(曹洞宗)/ 庄内三十三観音 第16番
more
西浜キャンプ場
more
西浜コテージ村
more
鳥海温泉 遊楽里
more
鳥海山大物忌神社吹浦口ノ宮
more
石原莞爾の墓
more
鳥海温泉保養センター あぽん西浜
more
出羽二見
more
西浜海水浴場
more
道の駅鳥海 ふらっと
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

中山河川公園
more
ページトップへ