米沢市上杉博物館「雛人形展示」

よねざわしうえすぎはくぶつかんひなにんぎょうてんじ

おきたま・」かみのやま雛回廊協賛事業。例年2月下旬から1か月間、上杉氏にゆかりのある貴重な品々や国宝が数千に及び収蔵されている米沢市上杉博物館。常設展示室は上杉の歴史と文化を中心とした「江戸時代の置賜・米沢」を主軸に構成。
所蔵のなかから、享保雛を展示しております。
享保雛は寛永雛(江戸時代初期)をさらに高級化したといわれ
享保(1716~1736)時代に流行したもの
内裏雛、五人雛は江戸時代後期の人形師 仲秀英もしくは仲家の人形師の作と考えられます。

基本情報

住所
山形県米沢市丸の内1-2-1
営業時間
9:00~17:00(展示室入場は16:30まで)
休業日
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合翌日休み)
料金
常設展入館料
一般:410円
高大生:200円
小中生:100円
※団体割引あり(企画展は別途)
身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方およびお付添の方(1名様まで)は料金半額
アクセス
JR米沢駅からバス約10分
ウェブサイト
公式サイト
開催期間
2018年2月24日~2019年3月22日
問い合わせ先
米沢市上杉博物館
電話番号
0238-26-8001

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

田んぼアート田植え体験
詳細はこちら
光照寺
詳細はこちら
月山神社(向新田)
詳細はこちら
【開催中止】鳥海高原まつり
詳細はこちら
温海川かたくり園・水芭蕉園
詳細はこちら
和江山 桃源院(曹洞宗)/ 置賜三十三観音 第23番 川井観音
詳細はこちら
長沢農園
詳細はこちら
あつみ温泉 湯のまち人形めぐり
詳細はこちら
ページトップへ