松岬神社

まつがさきじんじゃ

祭神 上杉鷹山公・上杉景勝公・直江兼続・細井平洲・竹俣当綱・莅戸善政

明治35年、上杉神社に上杉謙信とともに祀られていた上杉鷹山が松岬神社に分祀された。
大正元年、新殿造営、9月28日遷座祭を斎行し、県社に列し、新饌幣帛料供進神社(しんせんへいはくりょうぐしんじんじゃ)に指定される。
敷地は、景勝公御殿、のち世子御殿となった跡。
大正8年9月、郷社春日神社を合祀、大正12年上杉景勝が合祀され、昭和13年、米沢市制施行50周年を記念して、新たに直江兼続の功績を讃えて配祀。上杉鷹山公の師細井平洲先生、同重臣竹俣当綱(たけのまたまさつな)、莅戸善政(のぞきよしまさ)を配祀した。

 例祭は4月30日(春祭)と9月最終土曜日(秋祭)。春祭は「米沢上杉まつり」(4月29日~5月3日)期間中に含まれ、連日参詣者で賑わう。

境内に上杉鷹山の伝国の辞の石碑がある。
エリア
米沢市
置賜地方
カテゴリー
歴史・文化
神社

基本情報

住所
山形県米沢市丸の内1-1
アクセス
米沢駅より白布温泉行きバス乗車、「上杉神社前」下車徒歩5分
駐車場
松が岬おまつり広場駐車場300台程
問い合わせ先
松岬神社(上杉神社)
電話番号
0238-22-3189
ページトップへ