山形への旅

最上三十三観音

地域で守られた素朴な霊場。花巡り、湯巡りとともに - かつて、置賜の地を治めた上杉藩の重臣・直江兼続の後室お船の方は観音信仰篤く、領地内で観音巡礼ができるよう、三十三の霊場を定めたのがはじまりと伝えられています。以来、素朴でありながらも厳かな霊場は、地域の人々の手により大切に守られ、桜をはじめとする花々とともに季節を巡る祈りの風景が、四方の山裾や、光あふれる田園地帯に点在しています。

上小菅観音
高峰観音
黒沢観音
中村観音
九野本観音
時庭観音
高玉観音
深山観音
杉沢観音
宮の観音
萩生観音
赤湯聖観音
関寺観音
置霊観音
火の目観音
鮎貝観音
芦沢観音
新山観音
笹野観音
仏坂観音
小野川観音
広野観音
川井観音
桑山観音
赤芝観音
遠山観音
高岡観音
宮崎観音
松岡観音
長谷観音
五十川観音
森観音
戸塚山観音
置賜三十三観音 巡礼・観光ガイド PDFダウンロード
エリアマップ