観光DB詳細(観光スポット)

  • 百人百色、旅ものがたり。
  • やまがた出羽百観音
  • 庄内三十三観音
  • 置賜三十三観音
  • 最上三十三観音
10番 宮の観音(真言宗 大悲山 普門坊) みやのかんのん
(出羽百観音)
百物語(由来・歴史)
本尊は馬頭観世音菩薩立像。病気やケガから馬を救う御利益があるといわれ、鎌倉時代初期に兵馬の練習に熱心だった卯の花姫がその上達を願って夢に現れた馬頭観音を羽黒の僧・運慶に彫らせたと伝えられる。火炎を表す光背をもち、頭上に白馬をのせ、目と口を大きく開く表情は気迫に満ちている。
御利益
必勝祈願
合格祈願
ひざ・腰の痛みの緩和 
交通安全
願い事が早く叶う
心願成就
おすすめポイント
馬頭観音様は勝負の仏として知られている。

江戸時代に建立された本堂(回廊をひとめぐりして祈願)。

隣接する遍照寺は奥の高野と呼ばれる置賜で最も古い寺院のひとつ。

春は「御衣黄桜」の緑色の花弁が美しい(4月下旬が見頃)。

あやめ公園まで徒歩5分(6月中旬〜7月初旬が見頃)。

遍照寺の大イチョウは樹齢600年で長井市の天然記念物となっている(11月中旬が見頃)。
御本尊
馬頭観世音菩薩
Information
  • 名称 10番 宮の観音(真言宗 大悲山 普門坊) (みやのかんのん)
  • 所在地 〒993-0087 長井市横町14-8
  • 電話番号 0238(84)0427
  • アクセス 山形鉄道フラワー長井線
    長井あやめ公園駅より徒歩4分
  • 駐車場 普通車のみ駐車可
  • 備考 御朱印:遍照寺(普門坊本堂向かって右手)
Access Map

10番 宮の観音への
マイマップ
現在地からのルート
※札所立地(山中など)の都合上、
 近隣までの誘導の場合がございます。
【最終更新日】 2018年03月13日
観光スポットの検索

合計152,480,876件 今日63,391件 昨日92,183件