六椹山 宗福院(天台宗)/ 最上三十三観音 第8番 六椹観音

むつくぬぎ

最上三十三観音 第8番 六椹観音(天台宗 六椹山 宗福院)について


■百物語(由来・歴史)

開基は奈良時代・行基。中興の祖は平安時代・慈覚大師。
本尊は聖観世音菩薩と勢至菩薩。ともに行基作。
貞観二年に慈覚大師が当地を訪れ、六本のクヌギの木を植栽して、現在と未来の二世安楽を祈り入魂したことから「六椹」と命名したといわれる。また源頼義が奥州の阿部氏との戦いに挑む際、六椹観音の呼び名にあやかり、陸奥征伐を無事に切り抜けるため「陸奥苦抜(むつくぬぎ)」と祈り、聖観世音菩薩を安置したという由来がある。


■御利益

参拝者の苦を抜き楽にする
様々な仏の姿に変身し御利益をくださる


■おすすめポイント

2月3日の節分には火渡りの行事
8月9日は四万八千日の先祖回向で境内いっぱいの灯籠供養が行われる。
毎月18日に参拝者救済の縁日護摩祈祷会があります。
1300年の歴史が息づく信仰の場です。


■御本尊

聖観世音菩薩

エリア
山形市
村山地方
カテゴリー
歴史・文化
寺院

基本情報

住所
山形県山形市鉄砲町1-2-20
アクセス
JR山形駅よりバス(西蔵王行)
末広町下車、徒歩3分
駐車場
大型駐車スペース有り
ウェブサイト
最上三十三観音公式HP
備考
御朱印:宗福院境内
電話番号
023(631)0048

周辺にあるスポット

男山酒造(酒蔵見学)
more
トヨタレンタリース山形山形店
more
日産レンタカー山形南
more
乃し梅本舗佐藤屋「和菓子体験」
more
タイムズカーレンタル山形店
more
山形県総合文化芸術館
more
山形駅観光案内所
more
JR東日本レンタリース山形営業所
more
山形まるごと館 紅の蔵
more
やまがた観光情報センター
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

霰滝
more
ページトップへ