戊辰戦争清川口の古戦場

ぼしんせんそうきよかわぐちのこせんじょう

慶応4年(1868年)4月24日、官軍(薩長軍)と荘内軍の戦場となり、死者13人、負傷者18人と激戦を続け官軍を退陣させた。
荘内軍の陣地となった樹齢200年以上の御殿林あり。
近隣に官軍の墓所(南町)及び荘内藩士の墓所(歓善寺)、それに清川関所跡、芭蕉上陸の地・句碑がある。

基本情報

住所
山形県庄内町清川
アクセス
清川駅より徒歩10分
駐車場
ウェブサイト
庄内町観光協会  
ウェブサイト
公式サイト
問い合わせ先
庄内町観光協会
電話番号
0234-42-2922

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

最上義光歴史館
more
ページトップへ