上の畑焼

かみのはたやき

江戸末期にわずか10年で途絶えた幻の磁器を現代によみがえらせた上の畑焼。

白地に藍色の文様が特徴の上の畑焼。伝統の絵付けのなかでも代表的なものが、桃・柘榴(ざくろ)・仏手柑(ぶっしゅかん)を描いた三多紋(さんたもん)です。

最近では金や赤を追加したり、銀山の銀を掘った廃鉱から出る鉄錆を用いた焼き物を製作するなど、現代の生活感覚に合ったさまざまな色を出しています。

またガラス製品や木地、漆とのコラボレーションにも取り組んでいます。

基本情報

住所
山形県尾花沢市銀山162-1
アクセス
尾花沢より銀山行バス35分
問い合わせ先
銀山上の畑焼陶芸センター(東羽都山窯)
電話番号
0237-28-2159
FAX番号
0237-28-2159

周辺にあるスポット

銀山こけし(おしんこけし)
more
おばなざわ牛ラーメン
more
層雲峡の新緑、紅葉
more
層雲峡
more
尾花沢市
more
とくら寿司
more
中華料理 昭和食堂
more
中華料理竹八
more
食事処 柏屋
more
食事処柏屋
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

西川町自然と匠の伝承館・大井沢自然博物館
more
山上の大クワ
more
昭和館
more
恵日山 西明寺(真言宗)/ 置賜三十三観音 第26番 遠山観音
more
徳良湖温泉 花笠の湯
more
ページトップへ