銀山こけし(おしんこけし)

ぎんざんこけし(おしんこけし)

かつての大銀山に由来する銀山温泉は江戸時代中頃に開湯。

その地名を冠した銀山こけしは、 大正14(1915)年、県から派遣された木地職人が当地に技術を伝授、玩具として作られるようになりました。

当時、鳴子のこけし職人と交流があったことから、頭の形と胴のくびれが鳴子系で、大きな目と黒髪のおかっぱ頭が際立った特徴です。

現在、唯一の作り手である伊豆家は3代目。

一子相伝により「伊豆こけし」とも呼ばれています。


絵つけ教室も行われています。

基本情報

住所
山形県尾花沢市銀山温泉
アクセス
尾花沢より「銀山行」バス40分
問い合わせ先
伊豆こけし工房 本店
電話番号
0237-28-2161
FAX番号
0237-28-2575

周辺にあるスポット

上の畑焼
more
おばなざわ牛ラーメン
more
層雲峡の新緑、紅葉
more
層雲峡
more
尾花沢市
more
とくら寿司
more
中華料理 昭和食堂
more
中華料理竹八
more
食事処 柏屋
more
雪降り和牛尾花沢
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

庄内観光物産館 ふるさと本舗
more
和菓子作り体験(十五屋本店)
more
旧尾形家住宅
more
銀山温泉のカリーパン
more
出塩文殊堂/あじさい参道
more
ページトップへ