大立洞窟

おおだてどうくつ

国指定文化財史跡

北目立林の奥大立山山腹、標高280mにある。間口13m、奥行き7mの洞窟と左右岩陰からなる洞窟で、昭和49年以降の調査の結果、縄文から弥生、古墳にかけて継続的に利用された住居跡と判明した。さらに出土遺物は約1000点、縄文草創期の層の花粉分析により、当時の気候が現在よりも冷涼であったことがわかった。
指定年月日:昭55・6・3

基本情報

住所
山形県高畠町置賜郡高畠3574-1
ウェブサイト
山形温泉案内
ウェブサイト
高畠町
問い合わせ先
高畠町社会教育課文化係
電話番号
0238-52-4472

周辺にあるスポット

大笹生の清水
more
大笹生の旧道
more
火の見番所(大笹生)
more
日向洞窟
more
羽山古墳
more
まほろば古の里歴史公園
more
山形県立うきたむ風土記の丘考古資料館
more
羽山公園
more
和田民俗資料館 楽集館
more
高橋佐兵次翁供養塔
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

羽州街道 楢下宿
more
赤滝
more
白布大滝
more
新高湯温泉  奥白布 吾妻屋旅館
more
吾妻のお花畑
more
日帰り温泉「りんご温泉」
more
もぎとり園ささき
more
くぐり滝
more
ページトップへ