保呂羽堂の年越祭

ほろはどうのとしこしまつり

毎年12月4日、千眼寺保呂羽堂において早朝より裸の餅つきが行なわれる。

寛永18年(1641)窪田地方に病害虫が発生したとき、作神である保呂羽堂の縁の下の砂をまいたところ、虫が退散。村人が感謝をこめて収穫した米で餅をつき、保呂羽堂に供えたのが始まりと伝えられている。

餅つき歌を歌いながら天井に届くほど餅を高くつきあげ、天井のススがついた餅ほどご利益があるといわれている。

エリア
米沢市
置賜地方
カテゴリー
祭り・伝統行事

基本情報

住所
山形県米沢市窪田町窪田1861
アクセス
米沢駅よりバス15分
駐車場
ウェブサイト
(一社)米沢観光コンベンション協会
問い合わせ先
千眼寺保呂羽堂
電話番号
0238-37-3708
ページトップへ