保呂羽堂の年越祭

ほろはどうのとしこしまつり

毎年12月4日、千眼寺保呂羽堂において早朝より裸の餅つきが行なわれる。

寛永18年(1641)窪田地方に病害虫が発生したとき、作神である保呂羽堂の縁の下の砂をまいたところ、虫が退散。村人が感謝をこめて収穫した米で餅をつき、保呂羽堂に供えたのが始まりと伝えられている。

餅つき歌を歌いながら天井に届くほど餅を高くつきあげ、天井のススがついた餅ほどご利益があるといわれている。

エリア
米沢市
置賜地方
カテゴリー
祭り・伝統行事

基本情報

住所
山形県米沢市窪田町窪田1861
アクセス
米沢駅よりバス15分
駐車場
ウェブサイト
(一社)米沢観光コンベンション協会
問い合わせ先
千眼寺保呂羽堂
電話番号
0238-37-3708

周辺にあるスポット

千眼寺
more
黒井堰
more
おいたま温泉 「賜の湯」
more
よねざわこうしえん
more
ファーマーズマーケット 新田直売所
more
鷹山の湯
more
戸塚山古墳
more
熊野神社(西町)
more
水雲神社
more
虚空蔵尊堂
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

最上川ふるさと総合公園
more
わくわくファーム前森高原
more
蔵王猿倉スキー場開き
more
上杉神社
more
最上川三難所そば街道「板そばまつり」
more
やまがた音と光のファンタジア
more
男山酒造(酒蔵見学)
more
山形おもてなしドライバー
more
ページトップへ