御殿通り

ごてんどおり

上杉氏が米沢藩を治めるようになると、藩の巡覧のための別邸が建っていたとされる場所です。「小出御鷹ノ別荘」(通称:小出御殿)と呼ばれたこの別邸では、歴代藩主がこの長井周辺の巡覧の際に宿泊し、各地の視察や鷹狩、狩猟などを楽しんだとされています。その後、巡覧中断に伴って、御殿はなくなりましたが、通りの名前として現在も「御殿通り」の名前が残り、地元の人に親しまれています。
また、春から秋にかけて2ヶ月に1回程度「御殿市(ごてんいち)」というイベントが開催されています。このイベントでは、手作り商品の販売や、職人の手仕事見学や体験、ワークショップなどが並ぶ”市”が開催され、通りは賑わいます。

基本情報

住所
山形県長井市本町2丁目7-27
アクセス
山形鉄道フラワー長井線長井駅より徒歩5分(500m)
駐車場
ウェブサイト
御殿市ホームページ
問い合わせ先
(一社)やまがたアルカディア観光局
電話番号
0238-88-1831
FAX番号
0238-88-1812

周辺にあるスポット

旧小池医院
more
薬師寺(長井市)
more
おらんだ市場菜なポート
more
桑島記念館(旧桑島眼科医院)
more
あら町通りエリア
more
山一醤油店
more
元羽陽銀行
more
旧丸中横仲商店蔵群
more
けん玉広場SPIKe
more
鈴木酒造長井蔵
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

道の駅「川のみなと長井」
more
ページトップへ