永仁二年磨崖板碑

えいにんにねんまがいいたび

赤湯の東正寺の東、切り立った崖に五基の板碑が横ならびに彫られている。
永仁二年(1294年)は鎌倉時代で、置賜地方が地頭長井氏の支配下にあったころです。
この板碑は、亡き平吉宗と父母の供養のため、また自らのため生前に仏事を修め、極楽往生を願ったものです。
県の有形文化財に指定されています。

基本情報

住所
山形県南陽市赤湯1621-3
ウェブサイト
公式サイト
備考
石碑の所在地:東正寺
指定年月日:昭30.8.1
(昭28.8.31)
員数:5基
問い合わせ先
南陽市商工観光ブランド課
電話番号
0238-40-3211
FAX番号
0238-40-3422

周辺にあるスポット

永仁口年磨崖板碑
more
湯新山 東正寺(曹洞宗)/ 置賜三十三観音 第12番 赤湯聖観音
more
酒井ワイナリー
more
烏帽子山公園
more
鳥帽子山八幡宮
more
佐藤ぶどう酒
more
赤湯温泉観光センター ゆーなびからころ館
more
赤湯温泉
more
結城豊太郎記念館
more
芭蕉の句碑 「さざれ蟹足這ひあがる清水哉」
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

山越の板碑
more
ページトップへ