永泉寺

ようせんじ

歴史と自然にひたる古刹です

永泉寺はもともと7世紀に役行者が鳥海山の中腹に開いた道場であったと伝えられています。
823年に慈覚大師が寺を建立し、1382年に現地に移ったと伝えられています。
入口には仁王門が建ち、仁王像とともに美しい格天井も特徴です。
境内には、町指定天然記念物のトラノオモミや、県の有形文化財である石造九重層塔があります。
境内に咲くシュウブンソウは北限と言われています。
エリア
庄内地方
遊佐町
カテゴリー
歴史・文化
寺院

基本情報

住所
999-8525 山形県遊佐町直世仲道3
アクセス
JR吹浦駅から車で5分
日本海東北自動車道 酒田みなとICから車で25分
ウェブサイト
遊佐鳥海観光協会
ウェブサイト
遊佐町
問い合わせ先
NPO法人遊佐鳥海観光協会
電話番号
0234-72-5666

周辺にあるスポット

中山河川公園
more
牛渡川
more
丸池様
more
遊佐町歴史民俗学習館
more
佐藤政養碑
more
鳥海山大物忌神社吹浦口ノ宮
more
石原莞爾の墓
more
松河山 海禅寺(曹洞宗)/ 庄内三十三観音 第16番
more
鳥海温泉 遊楽里
more
鳥海温泉保養センター あぽん西浜
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

天魄山
more
ページトップへ