与謝野晶子歌碑

よさのあきこかひ

「さみだれの出羽の谷間の朝市に傘して売るはおほむね女」の碑

夫、鉄幹とともに「明星」の中心となり、自由奔放、官能的、情熱的な歌風によって浪漫主義詩歌の全盛期を現出させた晶子は、昭和10年6月末から7月にかけて「あつみ」を訪れた。
「二日の夜、無事帰郷いたし候、出立の際は、わざわざ御見送り下されかたじけなく存じ申候、山形県の温海の湯までまいり候ひし云々」とある。昭和10年刊行の遺歌集「白桜集」の中に、「越より出羽へ」と題し十首収載されている。

  「朝市の始まりぬとて起されるほととぎすなど聞くべき時刻」

  「二日して湯の香混じりの五月雨に馴れし出羽の温海山かな」


※平成28年3月 歌碑はあつみ温泉朝市広場に移りました。

基本情報

住所
999-7204 山形県鶴岡市湯温海
料金
無料
アクセス
日本海東北自動車道「あつみ温泉IC」から車で5分
日本海東北自動車道「朝日まほろばIC」から車で60分
JRあつみ温泉駅からバスで7分
JRあつみ温泉駅から徒歩30分
駐車場
温海温泉旅館協同組合駐車場2階(10台)または温海温泉林業センター駐車場をご利用ください(いずれも無料)
ウェブサイト
マップデータ
ウェブサイト
あつみ観光協会
ウェブサイト
つるおか観光ナビ
ウェブサイト
公式サイト
問い合わせ先
あつみ観光協会
電話番号
0235-43-3547

周辺にあるスポット

あつみ温泉朝市
more
足湯カフェ「チットモッシェ」
more
足湯「もっしぇ湯」
more
あつみ温泉 足湯(あんべ湯/もっけ湯/もっしぇ湯)
more
藤原清人の碑
more
長徳寺
more
温泉神社
more
芭蕉供養碑
more
あつみ温泉温海川河畔
more
あつみ温泉ばら園
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

あつみ温泉
more
ページトップへ