最上徳内記念館

もがみとくないきねんかん

村山が生んだ江戸時代の北方探検家、最上徳内の功績を讃え1993年に開館しました。

徳内が青年期に「甑岳で志しを立てた」という故事ならい、甑岳を展望できるところに建っています。


館内には徳内の手紙や使用していた測量機を展示しています。

また、敷地内には、アイヌの住居を再現した「アイヌの館(チセ)」があります。

チセは全体が茅葺きになっており、中にはアイヌの人々が着用していた衣類や、生活用具などを展示しています。


【「最上徳内」とは?】

江戸時代後期に活躍した北方探検家。

貧しい農家に生まれながらも、勉学に励み探検家として大成した。

蝦夷地探検では、地元アイヌの人々と交流し、広範囲に渡る調査を行った。

シーボルトからも高い評価を受けた、傑出した探検家。

基本情報

住所
山形県村山市中央1-2-12
営業時間
9:00~17:00
(入館は16:30まで)
休業日
水曜日(水曜日が祝日の場合は翌日)
料金
大人:300円
高校生以下無料
【団体(15人以上)】
大人:250円
アクセス
村山駅より車5分
東根I.C.より車で15分
駐車場
ウェブサイト
村山市
ウェブサイト
村山市最上徳内記念館のページ
ウェブサイト
村山市の雛まつり
問い合わせ先
最上徳内記念館
電話番号
0237-55-3003
FAX番号
0237-55-3630

周辺にあるスポット

道の駅「むらやま」
more
楯岡交通
more
愛宕神社/村山市
more
最上徳内墓碑/本覚寺
more
本覚寺
more
村山タクシー
more
楯岡城跡
more
楯山コース(楯岡公民館分館~)
more
㈱六歌仙
more
神田神社(いぼの神様)
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

最上川三難所舟下り
more
東の杜
more
おもかげ園
more
ページトップへ