本覚寺

ほんがくじ

本覚寺の創建は牛魂供養に始まります。昔、大干ばつがあり村人は困窮していました。予言者の「最上川に碁点という難所があり、その水底に竜宮があって、これに生牛を供えれば必ず雨が降る」と言われ、ある若者の牛を奪って最上川の碁点の淵に沈めてしまいました。その後三日間豪雨があり干ばつの危機を脱しました。
村人たちは、牛の持ち主に代償を払おうとしましたが、若者は受け取りませんでした。村人が困っていると、たまたま通りかかった良穏上人が牛の死体をあげて、徳眞善畜男の法名をを受け七日七夜念仏をあげ牛の菩提を弔ったと云います。これが儀徳山 本覚寺となりました。
エリア
村山市
村山地方
カテゴリー
歴史・文化
寺院

基本情報

住所
山形県村山市楯岡楯2-4
アクセス
JR村山駅より徒歩10分 
東北中央自動車道 東根I.C.より車15分
駐車場
ウェブサイト
村山市
ウェブサイト
Facebook
ウェブサイト
公式サイト
問い合わせ先
村山市生涯学習課
電話番号
0237-55-2111
FAX番号
0237‐55‐2155

周辺にあるスポット

最上徳内墓碑/本覚寺
more
愛宕神社/村山市
more
村山タクシー
more
楯岡城跡
more
楯山コース(楯岡公民館分館~)
more
楯岡交通
more
最上徳内記念館
more
石鳥居
more
雪の観音/父母報恩寺
more
父母報恩寺
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

芭蕉句碑涼し塚/養泉寺
more
ページトップへ