泉蔵院(天台宗)/ 置賜三十三観音 第16番 鮎貝観音

あゆかいかんのん

置賜三十三観音 第16番 鮎貝観音(天台宗 泉蔵院)について


■百物語(由来・歴史)

元禄9年、管四郎兵衛という者が現在地に移築したと伝えられる。
本尊は聖観世音菩薩像。古来より秘仏となっているが、言い伝えによれば、鮎貝駅の南側にある水田から発見された黄金の像であるとされている。


■御利益

家内安全
身体堅固


■おすすめポイント

観音堂の下には「肩切り地蔵」と呼ばれる大きな石の地蔵があり肩の痛みをとると信仰を集めている。

■御本尊

聖観世音菩薩

エリア
置賜地方
白鷹町
カテゴリー
歴史・文化
寺院

基本情報

住所
山形県白鷹町鮎貝2255-11
アクセス
山形鉄道フラワー長井線
鮎貝駅より徒歩15分
駐車場
大型・普通車駐車可
ウェブサイト
置賜三十三観音公式HP
備考
御朱印:井上宅 白鷹町大字鮎貝2255-11「ちょうちん工房豊邦」
電話番号
0238(85)2497(管理/井上宅)

周辺にあるスポット

子守堂のサクラ
more
後庵ザクラ
more
赤坂の薬師ザクラ
more
山口奨学桜
more
中華料理 喜多楼
more
サンファームしらたか
more
丸川畜産 肉の丸川
more
十二の桜
more
最上川橋梁(荒砥鉄橋)
more
和紙漉き、色紙づくり/白鷹町
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

米徳山 弥勒院(真言宗)/ 置賜三十三観音 第15番 火の目観音
more
大深山 観音寺(天台宗)/ 置賜三十三観音 第8番 深山観音
more
龍寶山 雲洞庵(曹洞宗)/ 置賜三十三観音 第17番 芦沢観音
more
ページトップへ