摂取院

せっしゅいん

1,017年(平安時代)に建立されたと伝わっています。法相宗に所属後、浄土宗になり、宥日上人により真言宗となりました。文政8(1,821)年に大雪で本堂がつぶれてしまい、天保14(1,843)年に、当時の住職・諦真が再建に努力し、檀徒だった丸大扇屋の分家が建築資金の募集にあたり、自らの多額の資金を寄付し再建しました。また、諦真は隠居後、本堂内に「修身館」という寺子屋を開き、当時各地で造られた寺子屋の中でも、質の高い学習の場となっており、現在の小桜幼稚園に受け継がれています。

エリア
置賜地方
長井市
カテゴリー
歴史・文化
寺院

基本情報

住所
山形県長井市大町1-13
アクセス
山形鉄道不アワー長井線長井駅より徒歩5分
駐車場
10台
問い合わせ先
摂取院
電話番号
0238-88-4846

周辺にあるスポット

撞木橋
more
青苧蔵門
more
荒川家住宅
more
小桜館(旧西置賜郡役所)
more
常楽院
more
小桜朝市
more
長沼孝三彫塑館(文教の杜)
more
旧丸大扇屋(文教の杜)
more
鍋屋本店
more
長沼合名会社
more
ページトップへ