鍋屋本店

なべやほんてん

十日町の街道に面する、創業が江戸後期(1800)頃の鍋屋本店は、明治30年代に建て替えられた店構えを変えることなく今日まで金物屋を営んでいます。店は茅葺、つし造り(二階部分が低い作り)で東が切妻屋根、西が寄棟、店には平入り(軒先)ですが近隣の丸大扇屋のような下屋がついていたと思われます。店内は当初の畳床部分は撤去し、全て土間となっています。店に続く主屋も、同時期の明治33年(1900)頃建てられ、木造平屋切妻造りで茅葺、煙出しがついています。店、主屋ともに創建時の状態を維持しており、往時の店と暮らしを知る上でも大変貴重な建物です。また、茅葺屋根は、当主の熱意のもと、長井まちづくり基金補助事業で保全工事を行いました。国登録有形文化財。

基本情報

住所
山形県長井市十日町1丁目10-15
問い合わせ先
やまがた長井観光局
電話番号
0238-88-1831
FAX番号
0238-88-1812

周辺にあるスポット

長沼合名会社
more
旧丸大扇屋(文教の杜)
more
長沼孝三彫塑館(文教の杜)
more
小桜朝市
more
貿上醤油店
more
小桜館(旧西置賜郡役所)
more
青苧蔵門
more
貿上醤油店
more
摂取院
more
撞木橋
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

齋藤家住宅
more
ページトップへ