撞木橋

しゅもくばし

大町と栄町の間をながれる木蓮(もくれん)川に架けられた橋。
室町時代の初期は野川の川幅が広く、二つの川の合流点に、摂取院の大門に向って約170mもある長い木橋が架けれていました。
現在の橋は、昭和6年に替えられ先の大戦で供出した常夜灯を、戦後30周年記念事業として大町の有志が昔の「ともしび」形に復元し、建設省から「手作り郷土賞」を受賞しました。
4月中旬頃には橋のたもとにある枝垂れ桜の開花時には風情のある風景がご覧になります。

基本情報

住所
山形県長井市栄町10-6-1付近
アクセス
山形鉄道フラワー長井線長井駅より徒歩5分
駐車場
問い合わせ先
やまがた長井観光局
電話番号
0238-88-1831
FAX番号
0238-88-1812

周辺にあるスポット

宮遺跡
more
摂取院
more
常楽院
more
桑島家住宅
more
丸や芳賀醤油店
more
青苧蔵門
more
小桜朝市
more
荒川家住宅
more
小桜館(旧西置賜郡役所)
more
駒屋
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

置賜さくら回廊(長井市)
more
桑島記念館(旧桑島眼科医院)
more
長沼合名会社
more
ページトップへ