青苧蔵門

あおそぐらもん

宮村青苧蔵は、宮村館(現在の小桜間のある場所)の東にあったもので、現在残っているのは青苧蔵門だけです。

「青苧」とは、漆とともに米沢藩の最大の産物で「からむし」とも呼ばれた衣服の繊維として栽培されていました。青苧蔵が建てられたのは、寛文3(1663)年で、西置賜の青苧は集荷された後、米沢の青苧蔵に運ばれ、そこから奈良晒(さらし)の原料として上方へ送られました。長井では中伊佐沢や白兎が主産地で、質もよく、生産量も多かったようです。この青苧蔵は明治4(1871)年に藩の廃止とともにその役目を終えました。

基本情報

住所
山形県長井市大町4-21-12
アクセス
山形鉄道フラワー長井線長井駅より徒歩5分(700m)
問い合わせ先
やまがた長井観光局
電話番号
0238-88-1831
FAX番号
0238-88-1812

周辺にあるスポット

小桜朝市
more
小桜館(旧西置賜郡役所)
more
摂取院
more
撞木橋
more
鍋屋本店
more
長沼孝三彫塑館(文教の杜)
more
旧丸大扇屋(文教の杜)
more
長沼合名会社
more
常楽院
more
荒川家住宅
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

米織会館
more
山寺後藤美術館
more
黒井堰
more
ページトップへ