広重美術館

ひろしげびじゅつかん

浮世絵師として広く知られる歌川広重の作品が集められた広重美術館

館内には、江戸時代後期に活躍した初代広重から4代までの肉筆画や錦絵が展示されている。

特に『東海道五十三次』で知られる初代歌川(安藤)広重が、財政難にあえぐ天童藩主の依頼によって描いた『天童広重』と呼ばれる双幅は貴重なものだ。



-----------------


江戸時代後期、江戸詰の天童藩士や藩医の田野文仲と交遊のあった歌川広重(1797~1858)。

当時、天童織田藩は財政が苦しく、藩内外の裕福な商人や農民に献金を募ったり、借金をしていました。

その御礼や返済の代わりとして江戸で有名な浮世絵師、広重に肉筆画を描いてもらいました。

この一連の作品群が「天童広重」と呼ばれています。

当時は200~300幅くらい描かれたといわれていますが、現在天童市近郊で確認できる数はわずかとなってしまいました。

こうした広重とのご縁にちなんで、生誕200年にあたる平成9年4月、湯のまち天童に広重美術館が誕生しました。


-------------------


●初代 歌川広重(1797~1858)

 寛政9年(1797) 江戸八代洲河岸定火消屋敷に生まれる。幼名 徳太郎。

 文化8年(1811) この頃浮世絵師を志し、歌川豊広に入門。

 文化9年(1812) 師・豊広から広重の画号を許される。

 天保4年(1833) 「東海道五拾三次」開版。好評を得る。

 安政5年(1858) 9月6日暁に没す。


-------------------


風景画の巨匠として幕末時代に活躍した浮世絵師・歌川広重の作品を展示。

「東海道五十三次」などの錦絵など貴重な美術品が納められています。

基本情報

住所
山形県天童市鎌田本町1-2-1
営業時間
4月~10月、9:00~18:00(入館は閉館30分前)
11月~3月、9:00~17:00
休業日
火曜日(祝祭日の場合は翌日休館)
料金
【個人】
一般:600円
大学・高校生:400円
小・中学生:300円

【団体(15名以上)】
一般:500円
大学・高校生:350円
小・中学生:250円

※未就学児は無料
※シニア(満75歳以上)400円
※障害者手帳をお持ちの方(同伴1名まで)半額
※特別展の場合、別途料金になることがあります
バリアフリー情報
・車イス利用者向けに介助サービスがある他、館内はスペースに余裕があり、車イスでの移動も容易です。
■筆談対応:有り
■エレベーター:有り
■車イスの貸出:有り
■車イスの人的介助:有り
■多目的トイレ:有り(入口幅83cm)
アクセス
天童駅から徒歩15分
駐車場
有(15台)、滝の湯ホテル駐車場(300台収容)
ウェブサイト
公式サイト
関連資料
バリアフリー情報
問い合わせ先
広重美術館
電話番号
023-654-6555
FAX番号
023-654-6554

周辺にあるスポット

書駒体験(置き駒)/天童市
more
童の湯/足湯
more
天童温泉
more
天童レコードサロン
more
天童市美術館
more
建勲神社
more
天の湯/足湯
more
天童公園(舞鶴山)
more
妙法寺
more
天童市森林情報館「もり~な」 ~自然・景観名所案内~
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

霞城観桜会
more
馬見ヶ崎さくらラインライトアップ
more
道の駅 天童温泉
more
天童桜まつり 人間将棋
more
玉簾の滝
more
銀山温泉
more
将棋むら 天童タワー
more
須藤ぶどう酒工場
more
ページトップへ