おくのほそ道 尾花沢そば街道

おくのほそみちおばなざわそばかいどう

俳人松尾芭蕉が食べたそばに思いを馳せて・・・

昔のそばは「そばがき」や「そば餅」など、団子状にして食べるのが普通でした。
今日では一般的な長いヒモ状のそばは、かつては「そば切り」と呼ばれ、江戸時代の初期に誕生したものです。
もちろん松尾芭蕉の時代には、すでにありました。

基本情報

住所
山形県尾花沢市五十沢1468-11
ウェブサイト
山形麺許皆伝
ウェブサイト
尾花沢市
問い合わせ先
そば研究会ゆう遊三昧会事務局
電話番号
0237-22-1819

周辺にあるスポット

手打そば たか橋
more
ずんだん餅 
more
みちのく風土記の丘資料館
more
そばや匠
more
そば処 明友庵
more
明友庵
more
おもだか温泉「鈴の湯」
more
大石田ビューポイント(3) ~町登録文化財~
more
五十沢観音
more
如金山 喜覚寺(浄土真宗)/ 最上三十三観音 第21番 五十沢観音
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

そば処 滝見館
more
そば・酒処 伊豆の華
more
最上川三難所そば街道「板そばまつり」
more
ページトップへ