八向楯と最上川

やむきたてともがみがわ

八向楯は最上川右岸の八向山山頂に築かれた中世の城(楯)です。

最上川の方に突き出た尾根筋を二重・三重に断ち切って、本丸・二の丸・三の丸の郭を区画し、それぞれの境に薬研(やげん)掘りの二重の深い空濠(からぼり)を設けています。

本丸の南側は最上川に面した高い断崖で、この脚下を洗う激流によって、かなり浸食されています。各郭の東西の両側は深い谷に囲まれている堅固な楯です。


<矢向神社(矢向大明神)>

本丸南面の白い断崖中腹に祀られている矢向神社は、平安時代前期、貞観16年(874)の昔、政府から従五位を授けられた式内社「矢向神」とされ、古来、最上川を上下する舟人の厚い信仰を集めました。「義経記」には文治3年(1187)、兄頼朝と対立した源義経は、舟で最上川をさかのぼり、本合海で上陸して奥州平泉に向かいましたが、この時義経も「矢向大明神」を伏し拝んだとに記されています。

基本情報

住所
山形県新庄市本合海
アクセス
JR新庄駅より車で20分
駐車場
ウェブサイト
公式サイト
問い合わせ先
新庄市商工観光課
電話番号
0233-22-2111

周辺にあるスポット

芭蕉乗船の地
more
矢向神社
more
花羽陽・絹・きらら
more
清水城跡
more
米湿原
more
戸沢村若者センター
more
農家レストラン安食
more
巖神権現杉 巖神権現のクロベ
more
産直さけまるくん
more
道の駅「とざわ」高麗館
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

芭蕉上陸の地
more
大森山/磨崖仏
more
ページトップへ