五十沢観音

いさざわかんのん

最上33観音のひとつ

本尊は慈覚の作で黄金仏1寸8分の聖観音である。

最上札所21番。


本尊は聖観世音、慈覚大師の作。昔、加賀の国の大名金森家の祖先が、代々、守護仏として信仰してきた。戦国時代になって、当時の領主・金森石見守は戦いに敗れ、老臣森又右衛門、加藤惣四郎などを従え、加賀の国から出羽の国に逃れてきた。この人たちは五十沢に住みついて郷士となったが、余りにも浮き沈みの多い世の有様に悲観し、菩提心をおこして、持ってきた観音像を祀ってお勤めしていた。石見守は、慶長十九年三月、東本願寺十三代門跡、宣如上人に弟子入りし、法名を釈浄信といい、金森山喜覚寺を開山した。また、金森山の中腹にお堂を建てて観音像を安置し、村人の参詣を認めた。


基本情報

住所
山形県尾花沢市五十沢488
アクセス
尾花沢~五十沢線バス観音前下車
ウェブサイト
最上三十三観音
ウェブサイト
公式サイト
問い合わせ先
如金山 喜覚寺
電話番号
0237-22-2582

周辺にあるスポット

如金山 喜覚寺(浄土真宗)/ 最上三十三観音 第21番 五十沢観音
more
手打そば たか橋
more
おくのほそ道 尾花沢そば街道
more
湯舟沢温泉
more
ずんだん餅 
more
そばや匠
more
そば処 明友庵
more
みちのく風土記の丘資料館
more
明友庵
more
おもだか温泉「鈴の湯」
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

長井ダム/ながい百秋湖
more
延沢観音
more
花邑山念通寺
more
ページトップへ