十劫山 正覚寺

じっこうさん しょうかくじ

庄内十三仏霊場十番

創建は慶長13年(1608)で法誉専往が開山。寺宝に専心作と伝わる十王大師像は別称「正覚寺閻魔大王」ともいわれ信仰の対象になっている。本堂正面の向拝には2体の力士像が刻み込まれて重い屋根を支えているのは秋田県や山形県の社寺彫刻の特徴のひとつである。
宗派      :浄土宗
十三仏     :阿弥陀如来
裁判官(読み) :五道転輪王(ごどうてんりんおう)
審理日     :三回忌(3年目・2年後)
御影      :戌年、亥年生まれの守り本尊阿弥陀如来(高僧行基作)
御利益    :延命長寿・敬愛。
エリア
庄内地方
鶴岡市
カテゴリー
歴史・文化
寺院

基本情報

住所
997-0023 山形県鶴岡市鳥居町33-46
アクセス
鶴岡駅から車6分
電話番号
0235-22-4150

周辺にあるスポット

奥の細道内川乗船の地跡
more
絵ろうそく絵付け体験
more
長山邸跡
more
芭蕉の句碑
more
御殿まり製作体験
more
鶴岡天満宮
more
風間家旧別邸 「無量光苑 釈迦堂」
more
旧風間家住宅 「丙申堂」
more
鶴岡カトリック教会 天主堂
more
ステンドグラス製作体験
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

羽黒山 荒澤寺(羽黒山 修験本宗)/ 庄内三十三観音 首番
more
官軍墳墓
more
松岩寺
more
田種院
more
ページトップへ