火箱岩洞窟

ひばこいわどうくつ

国指定文化財史跡

時沢大師森山の中腹東斜面、標高340mにある。昭和36年から3回にわたる調査の結果、縄文から古墳時代まで相当長期間洞窟住居として利用されていたことが確認された。特に縄文草創期に属する古式土器を出土していること等から、日向・一の沢などの地域を中心とした草創期文化圏を形成する重要な史跡である。
指定年月日:昭58・4・26

基本情報

住所
山形県高畠町時沢723-1
問い合わせ先
高畠町社会教育課文化係
電話番号
0238-52-4472

周辺にあるスポット

漆山果樹園
more
一の沢洞窟
more
日向洞窟
more
元弘三年阿弥陀三尊板碑
more
蛭沢湖
more
パラグライダー体験 / 南陽スカイパーク
more
大立洞窟
more
観音岩
more
小湯山遊歩道
more
小湯山
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

瓜割石庭公園
more
くぐり滝
more
ページトップへ