観光DB詳細(観光スポット)

  • 百人百色、旅ものがたり。
  • やまがた出羽百観音
  • 庄内三十三観音
  • 置賜三十三観音
  • 最上三十三観音
1番 上小菅観音(曹洞宗萬嶺山金松寺) かみこすげかんのん
(出羽百観音)
百物語(由来・歴史)
金松寺は、上杉鷹山公の家臣たちが月見の宴を開いたことで知られる。

上杉鷹山公の姫君が最初に参詣したことから第1番札所に定められた。

観音堂の創建は文保2年。本尊は鎌倉初期の作と伝えられる千手観世音菩薩像。

本尊は、その昔、川からあがった1本のクスノキをご神木として作り上げたといわれ、現在は秘仏とされている。明治の火災で渦中から運び出され、その御姿を今に残す。

近くの川は観音様が生まれた川ということから「誕生川」と呼ばれるようになった。
御利益
諸願成就
おすすめポイント
観音堂のケヤキは樹齢450年以上。高さ26mにもなり、米沢市指定天然記念物。
御本尊
千手観世音菩薩像
Information
  • 名称 1番 上小菅観音(曹洞宗萬嶺山金松寺) (かみこすげかんのん)
  • 所在地 〒992-0084 米沢市広幡町上小菅826-7
  • アクセス JR米坂線成島駅より徒歩10分
  • 駐車場 なし
  • 備考 御朱印:我彦宅 米沢市広幡町上小菅826-7 TEL.0238-37-4717
Access Map

1番 上小菅観音への
マイマップ
現在地からのルート
※札所立地(山中など)の都合上、
 近隣までの誘導の場合がございます。
【最終更新日】 2018年03月09日
観光スポットの検索

合計152,480,822件 今日63,337件 昨日92,183件