玉竜院五百羅漢像

ぎょくりゅういんごひゃくらかんぞう

人間のすべての表情がここに町指定文化財

曹洞宗玉竜院は1500年代の開山といわれている。境内に羅漢堂があり、五百羅漢・十六羅漢・三十三観音像が安置されている。五百羅漢は天保6年(今から約170年前)、京都の仏師(庄司覚太一門)の作といわれ、酒田から最上川をのぼり長井から馬で運ばれてきた。
五百羅漢は釈迦の直弟子1500人のうち、神通力をもった500人の悟りの表現といわれ、一体ごとに菩薩名が記される。それぞれ独自の面相をもち、人間のすべての表情がうつされているといわれている。
五百羅漢像は県内5ヶ所(山形市2ヶ所、鶴岡市、米沢市)あるが、この玉竜院の羅漢像は年代的に一番古いものである。
指定年月日:昭47・5・24
員数:500体
エリア
置賜地方
高畠町
カテゴリー
歴史・文化
寺院

基本情報

住所
山形県高畠町金原30
アクセス
高畠駅より車15分
駐車場
問い合わせ先
玉竜院
電話番号
0238-52-1357

周辺にあるスポット

まほろば観光果樹園
more
瓜割石庭公園
more
安久津八幡神社
more
昭和ミニ資料館
more
高畠町郷土資料館
more
道の駅「たかはた」まほろばステーション
more
まほろば古の里歴史公園
more
山形県立うきたむ風土記の丘考古資料館
more
羽山古墳
more
大立洞窟
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

白川湖の水没林
more
烏帽子山公園
more
萱滝
more
小玉川熊まつり
more
観音岩
more
楯山公園(日本一公園/左沢楯山城史跡公園)
more
ページトップへ