春雨庵

はるさめあん

寛永6年(1629年)、幕命により上山に配流された沢庵禅師に、時の城主、土岐山城守頼行は庵を造り与えた。

禅師はこの庵を「春雨庵」と名づけた。

現在の建物は原型をその遺跡に復元し、春雨の井、茶室聴雨亭がおもかげをしのばせている。

〈県重要文化財〉


ここは“たくあん漬け”でも知られる沢庵和光がこよなく愛し、三年間を過ごした庵として知られています。

ひっそりと趣深い建物の中に鎮座する沢庵禅師像から、故人の面影を偲ぶことができます。

基本情報

住所
山形県上山市松山2-10-12
アクセス
かみのやま温泉駅より徒歩15分
駐車場
備考
設置年月日:不 明
公開の有無:随時
問い合わせ先
春雨庵
電話番号
0237-672-0824
FAX番号
0237-672-0824
ページトップへ