上山藩 武家屋敷

かみのやまはん ぶけやしき

四軒並びの武家屋敷

上山藩の武家屋敷には、森本家、三輪家、山田家、旧曽我部家の四軒が軒を連ねています。

三輪家と旧曽我部家(いずれも上山市所有)は一般公開され、内部もご覧いただけます。

森本家と山田家は子孫が居住する私邸のため、外観と庭のみご覧いただけます。


上山城(月岡城)が1535(天文4)年に築かれると、その西・北部一帯は武家屋敷となり、その仲丁通りには、藩の要職にあった家臣が居住していました。

現存している家屋は、茅葺屋根、鉤型の曲屋で、玄関と通用口とを別にする武家中門造りの建築様式であり、4軒とも約200年前の建造と推定され、屋敷の周りには土塀または土塁が築かれていました。

後に藤井松平氏時代に、西山の谷川から八幡堂堰で引水して造られた庭園の池は風致を添えるとともに、防火用水ともなっています。



やまがた景観物語バナー

基本情報

住所
山形県上山市鶴脛町1地内
営業時間
〈開館時間〉9:00~16:45
休業日
水曜日、年末年始
料金
〈入館料〉(三輪家)
大人 220円
学生 160円
小人 50円
(20名以上 団体料金あり)
アクセス
かみのやま温泉駅より徒歩約20分
東北中央自動車道 山形上山ICより約10分
駐車場
市営月岡駐車場(無料)より徒歩約1分
ウェブサイト
公式サイト
備考
旧曽我部家の裏手にある「紫苑庭」は、四季の花々を見ながら休憩できます。
4月下旬~11月上旬の土日は、地区の方々によるお茶などのおもてなしもございます。
お気軽にお立ち寄りください。
問い合わせ先
上山市教育委員会生涯学習課
電話番号
023-672-1111(代表)
FAX番号
023-672-1112
ページトップへ