延沢銀山遺跡

のべさわぎんざんいせき

かつて栄えた銀山で思いを馳せる

尾花沢市にある「延沢銀山」は、室町時代から採掘が行われ、江戸時代を代表する銀山の一つでした。最盛期には、島根の石見銀山、兵庫の生野銀山とともに三大銀山と呼ばれましたが、その後は銀の量が減り、1689年(元禄2年)には大崩落が起きて廃山になりました。


現在は、国指定史跡となっており、近世鉱山史の研究にとって欠くことのできない遺跡です。入場無料の銀坑洞内は黒ずんだ岩肌を貫いて歩道橋が付けられ、照明設備も整っています。銀山温泉街から15分程度で行けますので、探検気分を味わってみませんか。息をのむ静けさとひんやりとした冷気にまるで別世界を感じるかもしれません。

基本情報

住所
山形県尾花沢市銀山新畑
料金
無料
アクセス
JR大石田駅より車で約45分
ウェブサイト
公式サイト
問い合わせ先
尾花沢市商工観光課
電話番号
0237-22-1111
FAX番号
0237-22-3222
ページトップへ