資福寺跡

しふくじあと

独眼竜政宗が学んだ寺

慈雲山資福寺は、弘安年間(1278~1287)長井時秀西規が、鎌倉建長寺の僧、紹規を招き建立したものである。当時この地は置賜の要所で、関東十刹の1つとして東北の文叢の中心をなしていた。
伊達氏はこの地に夏茂城を築き、資福寺はその帰依寺、学問寺として栄えた。独眼竜政宗として有名な貞山政宗も幼少の折、この地で勉学に励んだのであろう。
天正19年(1591年)、資福寺は仙台に移されたが、寺域内には二重の堀跡、土塁跡など中世の遺構が存在する。また、資福寺にあった永仁4年(1296年)鋳造の浩鐘は亀岡文殊堂に寄進されたが、戦後改鋳され幻の鐘となった。現在は伊達家の墓と石積みが名残を残すのみとなった。

基本情報

住所
山形県高畠町夏茂990
問い合わせ先
高畠町社会教育課文化係
電話番号
0238-52-1111

周辺にあるスポット

義民高梨利右衛門酬恩碑
more
高畑城跡
more
亀岡駐輦碑
more
伊達家の墳墓(資福寺跡)
more
八幡神社本殿(川西町洲島)
more
よねおりかんこうセンター
more
紅花染め体験/高畠町
more
奥津島神社
more
東光寺法印宥導の碑
more
竹森の六面幢
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

ピノ・コッリーナファームガーデン&ワイナリー松ケ岡
more
黒沢峠敷石道
more
二色根古墳
more
肘折温泉
more
羽黒山南谷
more
ページトップへ