伊達家の墳墓(資福寺跡)

だてけのふんぼ

伊達家の供養墓

当地方は伊達宗遠(8代)以降、7代にわたり(9代~14代:儀山政宗、氏宗、持宗、成宗、尚宗、稙宗)、高畑城を中心に施政が行われてきた。高畠は、伊達家の本拠赤館城(現桑折町)と地理的にも近く、しかも二井宿峠を背に要害の地であることから選定されたといわれる。その後、晴宗(15代)から米沢城に移り、17代・貞山政宗の天正19年、岩出山城(岩出山町)に移されるまで、伊達家は210年の間、置賜を統治した。
【夏刈伊達家の墓】
資福寺跡、松川の右岸川西街道のそばに4基の五輪の墓石がある。儀山政宗夫婦、独眼竜の父輝宗と、殉死した重臣遠藤山城守の五輪塔であり、これは後年、供養墓として祀られたものといわれている。

基本情報

住所
山形県高畠町夏茂1003
問い合わせ先
高畠町社会教育課文化係
電話番号
0238-52-1111

周辺にあるスポット

義民高梨利右衛門酬恩碑
more
高畑城跡
more
亀岡駐輦碑
more
資福寺跡
more
八幡神社本殿(川西町洲島)
more
よねおりかんこうセンター
more
紅花染め体験/高畠町
more
奥津島神社
more
東光寺法印宥導の碑
more
竹森の六面幢
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

松山歴史公園
more
白竜湖
more
ページトップへ