大森山のオクチョウジザクラ

おおもりやまのおくちょうじざくら

国内最大級の珍しい枝張り 古の山桜

オクチョウジザクラ(奥丁子桜)は日本海側多雪地帯の特産種で、雪の重みに耐えられるように丈が小さく横に張り出した樹形が特徴の桜です。

大森山のものは、枝張りは南北10.8m、東西10.5m、枝張りの周囲が36.7m、20数本の株立ちからなる自然木で、国内でも最大級のものと推察されています。


※農道から観察できますが、近くで見るには斜面を登る必要があります。

 降雨の後は滑りやすくなりますのでご注意ください。

基本情報

住所
山形県新庄市大森山西麓
アクセス
新庄駅から車で20分 ※バス等なし

新庄市休場(やすんば)集落をさらに過ぎると新庄市山屋(やまや)集落や萩野(はぎの)集落に向かう広域農道に入る
その広域農道をしばらく北上し、新田川を渡って200mほど行くと右手に見える
近くで見るには道路より200mほど歩行が必要である
ウェブサイト
最上地域観光協議会
ウェブサイト
公式サイト
備考
【見頃】5月上旬
問い合わせ先
新庄市商工観光課 観光交流室
電話番号
0233-22-2111
FAX番号
0233-22-0989
ページトップへ