判官神社

ほうがんじんじゃ

東北各地に伝わる義経伝説の一つ

判官神社は市内休場(やすんば)にある源義経を祀った社。兄頼朝に追われた義経一行が平泉に逃げのびる途中に休息をとったことが「休場」という地名の由来であるとされています。義経一行はこの後亀割山を越えて最上町の瀬見へ至り、瀬見の地でも数々の伝説が伝わっています。

エリア
最上地方
新庄市
カテゴリー
歴史・文化
神社

基本情報

住所
山形県新庄市鳥越休場
アクセス
新庄駅から車で15分
駐車場
ウェブサイト
最上エコポリス
ウェブサイト
公式サイト
問い合わせ先
新庄市商工観光課
電話番号
0233-22-2111
FAX番号
0233-22-0989

周辺にあるスポット

陣峰市民の森
more
大森山のオクチョウジザクラ
more
鳥越八幡神社
more
新庄東山焼
more
東山公園 あじさいの杜
more
県民ゴルフ場
more
氷室の句碑と柳の清水
more
あゆっこ村
more
舟形若あゆ温泉
more
薫風窯 陶芸体験
more
ページトップへ

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください