肘折こけし

ひじおりこけし

伝統こけし10系統の一つ「肘折こけし」

初代・柿崎伝蔵は鳴子で木地業を学び、その弟子の井上藤五郎が遠刈田(とおがった)で修行、そのふたつの流れを汲んだものが肘折系こけしです。

太めの直胴には黄色の地を敷き、絵柄は重ね菊やなでしこなどの草花で、肩には段が入り、頭頂部に放射状の手絡(てがら)をつけています。現在の工人は鈴木征一ひとりとなった。

基本情報

住所
山形県大蔵村大字南山2126-291
アクセス
JR新庄駅から村営バスで55分、車で40分
問い合わせ先
鈴木こけし店
電話番号
0233-76-2217

周辺にあるスポット

源泉公園
more
上の湯
more
旧肘折郵便局舎
more
肘折温泉朝市
more
肘折温泉
more
肘折いでゆ館
more
黄金温泉
more
カルデラ温泉館
more
地蔵倉
more
小松渕
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

日本の棚田百選「椹平の棚田」
more
ページトップへ