熊野神社(遊佐町)

くまのじんじゃ

鳥海山一合目で鎌倉時代より栄えた神社

創建は平安初期の834年と伝えられています。
神殿は入母屋造りで立派なものです。
古い山伏修験の場であったとも伝えられています。
鳥海山への古い登山道の一合目であり、鳥海山信仰と結びついて栄えたと伝えられています。
国の重要無形民俗文化財「杉沢比山」が奉納されることでも有名な神社です。
奉納は、毎年8月6・15・20日です。

御祭神 伊佐那伎命(いざなぎのみこと)、伊佐那美命(いざなみのみこと)
エリア
庄内地方
遊佐町
カテゴリー
歴史・文化
神社

基本情報

住所
999-8313 山形県遊佐町杉沢字宮ノ後23
アクセス
JR遊佐駅より車10分
日本海東北自動車道 酒田みなとICより車20分
問い合わせ先
遊佐鳥海観光協会
電話番号
0234-72-5666

周辺にあるスポット

遊佐町語りべの館
more
不動の滝(開運出世の滝)
more
月光川ダム周辺
more
山本坊
more
鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮
more
鳥海山 龍頭寺(真言宗 智山派)/ 庄内三十三観音 第19番
more
遊佐の伝統郷土食『笹巻き』づくり体験
more
鳥海山の麓で体験するおもしろ自然塾「そば打ち体験」
more
大泉坊長屋門
more
胴腹滝
more
ページトップへ