男沼・長沼・馬頭観音

おぬまながぬまばとうかんのん

ルリイトトンボや貴重な水生植物が生息する男沼・長沼。山形県の里山環境保全地域に指定されている。近くには享保12年に創建された馬頭観音があり、人々の信仰を集めている。
長沼は年間を通してほとんど水量が変化しないという神秘的な沼。昔、馬頭観音の前を馬にまたがって通ろうとした殿様が馬頭観音の前で落馬し、それに怒った殿様が長沼の水を枯らそうとしたところ、白馬にまたがった老人が出てきてたちまち水を元に戻し、殿様が恐れ逃げ帰ったという伝説があります。

基本情報

住所
山形県大蔵村大字南山
アクセス
JR新庄駅より車で約40分
駐車場
10台程度
ウェブサイト
公式サイト
問い合わせ先
大蔵村産業振興課
電話番号
0233-75-2111
FAX番号
0233-75-2231
ページトップへ