獅子舞(小出 白山・皇大神社例祭)

ししまい(こいで はくさん・こうたいじんじゃれいさい)

小出の獅子の起源は古く神事として始まり、氏子による獅子連中の結成も市内最古と伝わる。市指定無形民俗文化財。白山神社のご神体は行基僧正(平安時代)作といわれ、後の1264年、加賀白山比咩神社の分霊を勧請し現在の神殿となりました。皇大神社は伊勢神宮の社殿一宇を拝受し、置賜一円の総鎮守として鎮座している。菅原白龍が明治6年、祠掌として二社兼帯の歴史がある。

エリア
置賜地方
長井市
カテゴリー
祭り・伝統行事

基本情報

住所
山形県長井市館町北10-12-1(白山神社) 神明町3-81(皇大神社)
営業時間
土曜・日曜は毎年交互に開催(白山神社・皇大神社)
アクセス
フラワー長井線長井駅下車、徒歩10分
ウェブサイト
公式サイト
備考
※日程については例年の予定であり、状況により変更となる場合がございますのでご了承ください
開催期間
9月上旬
問い合わせ先
長井市観光協会
電話番号
0238-88-5279
FAX番号
0238-88-5276

周辺にあるスポット

皇大神社
more
七兵衛つつじ
more
元羽陽銀行
more
白つつじ公園(松ヶ池公園)
more
山一醤油店
more
白つつじまつり
more
長井紬
more
あら町通りエリア
more
旧丸中横仲商店蔵群
more
おらんだ市場菜なポート
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

白山神社(長井市)
more
ページトップへ