西ノ前遺跡公園「女神の郷」

にしのまえいせきこうえん「めがみのさと」

「縄文の女神」のモニュメントで記念写真。縄文の女神はスタイル抜群の八頭身美人。

西ノ前遺跡は、小国川左岸の河岸段丘上にあり、平成4年6月の発掘調査で縄文時代中期(約4,500年前)の集落と判明しました。
遺跡からは竪穴式住居跡や土器・石器などが見つかっており、特に国内最大(高さ45cm)の八頭身美人土偶が発見され話題となりました。

基本情報

住所
山形県舟形町舟形字西ノ前510-3
ウェブサイト
公式サイト
問い合わせ先
舟形町教育委員会社会教育係
電話番号
0233-32-2246

周辺にあるスポット

新・奥の細道「縁結びのみち」
more
舟形町観光物産センターめがみ
more
産直まんさく
more
猿羽根ドライブイン
more
舟形町歴史民俗資料館
more
猿羽根山公園
more
茂吉歌碑(舟形町)
more
猿羽根山地蔵尊
more
アユパークふながた(河川公園)
more
親杉
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

不動明王の滝
more
広重美術館
more
ヴェンテンガルテン 菜の花畑
more
長者屋敷遺跡
more
白川ダム湖岸公園
more
ページトップへ