金剛山 遍照寺(真言宗)/ 置賜三十三観音 第32番 森観音

もりかんのん

置賜三十三観音 第32番 森観音(真言宗 金剛山 遍照寺)について


■百物語(由来・歴史)

享保3年の火災のとき、近くの池のかんにょぼう(巻き貝)が本尊様にくっついて守ったといわれる。
その昔、村人がこの地で光を放つ物体を発見し、観音様の精霊としてお堂を建立し祀ったという伝説が残る。
参道の入口には高さ約1.8mもある延命地蔵が立ち、石段沿いには大正9年「庚申」の年に奉納された百個の石仏が並ぶ。


■御利益

手が器用になる
五穀豊穣
健康祈願
諸願成就


■おすすめポイント

入口からお堂までの石段は55段。


■御本尊

千手観世音菩薩

エリア
置賜地方
長井市
カテゴリー
歴史・文化
寺院

基本情報

住所
山形県長井市森字観音堂689-1
アクセス
山形鉄道フラワー長井線
長井駅より車利用10分
駐車場
森地区公民館から徒歩
ウェブサイト
置賜三十三観音公式HP
備考
御朱印:森地区公民館(長井市森798-8)にて自分で捺印
朱印所へは徒歩移動可能。

周辺にあるスポット

桜づつみ河川公園
more
宥日上人誕生の地
more
西方吉太郎の碑
more
津島神社(長井市森)
more
桜本山 正寿院(真言宗)/ 置賜三十三観音 第31番 五十川観音
more
殿入ザクラ
more
外田公園
more
若宮八幡神社
more
船玉大明神碑
more
五十川獅子踊り
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

山王山 真言院(真言宗)/ 置賜三十三観音 第22番 広野観音
more
ページトップへ