スノ不動滝

すのふどうだき 

整備された遊歩道で手軽に渓谷美を堪能できる「神通峡」。対岸に筋状に落ちる姿が新緑や紅葉に映える。

※神通峡は土砂崩れのため、当分の間通行止めとなります。復旧のめどがつきましたら、再度お知らせいたします。(2020年11月2日現在)


〈神通峡命名の由来〉

本郷村と七軒村が合併して漆川村が誕生した昭和29年、時の山形県知事安孫子藤吉氏がここに遊び、漆川と古寺千眼寺の古跡に意義を求め、漢詩の一節から引用して神通峡と命名されました。

その後、大江町に引き継がれたもので次のような奥深い意義を持つ。

「霊峰朝日岳に源を発するこの流域の住民は、観音様から無限の神通力を与えられており、何事も自由自在になし得る通力を持つ。それゆえに、この流域の開発によって住民の福利に無限の可能性が約束されるであろう。」

※大江町HPより転載


■DATA

落差:15m

形態:滑瀑

難易度:初級

所要時間:30分※

※起点:「駐車場」より


■ビューポイント

遊歩道より対岸に望む ※川岸へ下りることも可能(藪漕ぎ、渡渉) 


■近隣の観光スポット

大頭森山自然公園


■最寄の宿泊施設

奥おおえ柳川温泉 


■観光時期

5月中旬~11月上旬(冬期間閉鎖)

基本情報

住所
山形県大江町(神通峡)
アクセス
・JR左沢駅~車で40分 
・寒河江IC~車で60分
・県道27号線田の沢付近、神通峡入口看板より林道を進むと駐車場。
・駐車場より徒歩30分
駐車場
有:滝前山村広場側30台、古寺砂防堰堤側15台

周辺にあるスポット

大滝(大江町)
more
大頭森山自然公園
more
矢引沢の大スギ
more
空気神社
more
Asahi自然観
more
古寺渓谷“神通峡”
more
そば打ち体験(奥おおえ 柳川温泉)
more
奥おおえ柳川温泉
more
蜜ロウソク工房「ハチ蜜の森キャンドル」
more
西川町自然と匠の伝承館・大井沢自然博物館
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

黒滝(山形市)
more
戸洞滝
more
ページトップへ